父のおかげで不登校から脱出できた

結婚歴18年の主婦です。

娘が一人います。

この娘が高校生になり、ただいま思春期真っ最中で手を焼いています。

それで古い話ですが、昔の学生時代の自分を思い出しました。

当時私も高校時代は、病んでいると言っていいくらい情緒不安定で、学校も家も自分の居場所がないと毎日悩み、苛立ちピリピリしていた毎日でした。

中学時代から、母親との確執で争いが絶えず、高校に入ってから勉強もついて行けない、家では母親との争い。

苦しい日々でした。

母親は今で言う毒親かな?過干渉で過保護で、自分と少し意見が違うと全面的に批判。

子供の人格を認めない人だったと思います。

母親の言うとおりにしていれば、すごく優しく甘やかしてくれる。

でも私も反骨心の強い子だったので、自分の言い分を通すために戦っていた。

でもそれがどんどんストレスになり、学校も勉強について行けない、気疲れする。

家では母親が自分を追い詰めてくる。

限界がきて、このままでは自分の頭がおかしくなりそう。

もう家にいられない、一人で家を出て行こう。

それには働かなくては、住まいもいる。

私は新聞の求人記事欄で住み込みの仕事を探し、面接をして未成年を偽り、家出をした。

10日ほど朝から晩まで働いた。

その間親は私を探しだし、見つけられた。

学校は事情を伏せたけどしばらく登校拒否をした。

学校側も心配してくれた。

ある日、父親がいきなり「もうおまえも大人だ」とお酒のあるお店に連れてかれた。

私と変わらないような子が働いている。

かなり衝撃でした。

自分の身勝手さに反省をした。

私は親と仕事先と、学校に迷惑をかけた。

今まで何も子供の事なんて眼中にない育児も母親任せの父親が自分なりの判断で、夜の店に連れて行ってくれたの思う。

l初めて見る大人の世界と、仕事先で怖くて不安で、本当は探し出して欲しかった。

父は普段何を考えているか解らない人で、怖い人と意味なく嫌っていたけど、私の存在を認めてくれた。

辛さを解ってくれた。

母親は子離れできない人だった。

それから学校からも何度も連絡があり、校長先生とも話し合った。

学校は辞めるつもりの決意があった。

でも思いの外友人達が心配してくれた。

うわべだけの友人と思っていたけど、自分しか見えてなかったんだな。

そして友人に支えられての学校生活となり無事に卒業しました。

今でも父親にはあのときは感謝しています。

自分だけで精一杯の年頃です。

自問自答しながら成長する大事な時期です。

過ぎてしまえば、なんて馬鹿馬鹿しくなるくらい悩んだのかと思うくらい。

でも大人になっていく大事な時間です。

皆悩んでいるのです。

独りじゃないです。

自問自答してくださいいつか答えはでます。

タイトルとURLをコピーしました